小児矯正

大切なお子さんのために、将来きれいな歯ならびにしてあげるための矯正治療について分かりやすく、できるだけ具体的に説明して行く予定ですのでもうしばらくお待ちください。

歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。

その理由は、大人は顎の骨の成長が終わってしまっているので、歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。

子供の矯正の時期はいつ頃が有効か?子どものうちに矯正しておくメリットやデメリットは?どのような治療方法がありどんな装置を使うのか?どれくらいの期間矯正装置をつけておかなければならないのか?費用はどれくらいかかるのかなど、患者さんの疑問を解決できる内容を掲載していきます。

▼「小児矯正」内のコンテンツ

メインメニュー

フィード

My Yahoo!に追加
Add to Google
はてなRSSに追加  Subscribe with livedoor Reader

※フィードとは

ウェブサイトなどのコンテンツの概要を配信用に加工したもの、つまりそのサイトが更新されたかどうかが自動的に確認できます。